室生山上公園芸術の森

宇陀市のご厚意により、特別に室生山上公園芸術の森にて車両撮影をさせていただきました。

室生山上公園芸術の森

平成9年度に国土庁の支援を受け、過疎対策として「むろうアートアルカディア計画」の策定が行われました。村出身の彫刻家井上武吉先生の「森の回廊計画」を礎に、文化芸術の視点からの村づくりを進め、公共事業とアートの融合を事業の柱とされました。奈良県は、地滑り対策の跡地を利用した公園整備を図るために、平成10年度に「わが町の斜面地整備構成プラン」を策定。このプランでは、地滑りの視点と地域振興の視点から公園利用を検討されました。

村出身の彫刻家井上武吉先生は、生涯を掛けた仕事として、村全体をフィールドミュージアム、即ち美術館となるよう「森の回廊計画」を構想されました。天に最も近いモニュメントとして、室生村に向き合い、かつ太陽信仰にまつわる太陽の道の軸線上に「山の上のモニュメント」の整備を構想されました。

〒633-0421
奈良県宇陀市室生区室生181番地
TEL:0745-93-4730

【開園時間】
10:00〜17:00(4月〜10月)
10:00〜16:00(3月・10月・11月)

【休園日】
毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)
12月29日〜2月末日
※天候により臨時休園する場合がありますので事前にお問い合わせください。

【観覧料】
大人400円、高校生200円
中学生以下無料

http://www.city.uda.nara.jp/sanzyoukouen/index.html

彫刻家(1930〜)
ダニ・カラヴァン
DANI KARAVAN

都市や砂漠など展示場所の環境も作品に取り入れるという、壮大なスケールの野外作品で知られるイスラエルの環境造形作家。従来の彫刻の概念を大きく超えたその芸術は、現代美術の新しい方向を指し示すものとして世界的に注目されています。
「自分の作品は、その場に立って、歩いて、触って、嗅いで、耳を傾けて、初めて本当に味わってもらえるのだ」と彼の作品にはコンクリートや石ばかりではなく、太陽の光や木、草、水、風などが素材として息づいています。

このページのTOPへ